「デジハネ」知ってますか?

みなさん知ってましたか?

デジハネ
という言葉は、サミー株式会社の登録商標 なのです!

一番最初に、デジハネタイプのパチンコ機を出したのは
どこかわかりませんが、私の記憶だと奥村あたりが早かったのでは
ないかと思います。 モナコパーティとか?

しかし、この分野にいち早く目をつけ「デジハネ」という親しみやすい名称をつけ
商標登録するあたりにサミーの賢さを感じますね〜

昔(パチスロ4号機初頭?)、サミーから「ハネスロ」というキャッチフレースで
「ロイヤルバー」というパチスロ機が出ていたような気がします。
実際に実機を見たことはないですが、合成確率が高く設計され遊びやすさを
強調しパチンコの「ハネモノ」と「スロット」をあわせて、「ハネスロ」と呼んだのでしょう。

つい最近になって、オーイズミから「元祖ハネスロ」という機種が出ますが
実際の元祖「ハネスロ」は、サミーだと思うのですが・・・

この辺の事情は、大丈夫なのでしょうか?
当然オーイズミとサミーでは、なにかしらの折衝があったものとおもわれますが・・・

もし、何もなしにオーイズミが「元祖ハネスロ」というネーミングをしたとしたら
ややこしくなりそうですね。 まあ、大丈夫でしょうが^^

話をデジハネに戻しますが「デジハネ」は、最近ではすっかり定着した呼び名になっていますね。
パチンコ店では、「甘デジ」や「ST機」などと呼んでいるのもみかけますね。

それでは、他の同義語の実際の権利関係はといいますと

● デジハネ → サミーの商標。

● 楽パチ → 奥村、パチンコチェーン店・ニラクの商標。

● 遊パチ → 全日本遊技事業協同組合連合会の商標。

● ハネデジ → SANKYOが、商標登録出願中。

● 羽根デジ → タイヨーエレックが商標登録出願中。

● 甘デジ → 平和とタイヨーエレックが商標登録出願中

以上のようになっています。

昔は、いまのハネモノ以外の数字が揃うと大当たりするタイプの台を
「デジパチ」と呼んでいました。 
こんなことを書くと管理人の年がばれそうですが・・・ 

「ハネモノ」は、「ヒコーキ」とか「一般台」などと呼んでいましたね。

ん〜  昔は良かった。。。  何が?^^;
posted by サミーが一番/管理人 | Comment(0) | TrackBack(1) | ●サミー情報局
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60572317

この記事へのトラックバック

元祖ハネスロ 攻略法でほっとする
Excerpt: 元祖ハネスロ 攻略法でほっとする
Weblog: パチスロ攻略するにはこれだ!!!
Tracked: 2008-01-23 16:05

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。